小松屋製菓のこだわり素材

あんこ

 

小松屋製菓で使用する豆は黒あん・白あん、共に北海道・十勝産です。
おいしいあんこはやっぱり安心できる北海道産が一番です。特に「しるこ」に使用している「大粒小豆」は煮えが良くてホックリした小豆です。また、氷砂糖を使用する事で、あっさりした味に仕上がります。

お米

米どころ新潟。中でも「こがねもち」は白くて、腰があり、ねばりも強い、いいとこ取りのお米です。小松屋製菓では、米も、もち粉も「こがねもち」を使用しています。

抹茶

抹茶は「北遠産」の味の濃い物だけを使用しています。茶所、静岡の名に恥じぬよう、色も香りもいいものだけを厳選しました。

お菓子を作るうえでとても重要な塩。小松屋製菓は伊豆大島の海水から生まれたミネラル分たっぷりの塩を使用しています。余分な物は一切入っていないから、さっぱりしていて後味に甘さを感じます。

バター

バターは発酵バターを使用しています。国内最高峰の味と香りをもったこのバターは、焼菓子にしたときの風味が、普通のバターやマーガリンでは決して出せない味です。よく、油脂という名前で色んなものが食品に入っています。ショートニング・バターオイル・マーガリンetc・・・・・。これらは原料が生乳だけではなく、混ぜ物がしてあります。小松屋製菓のバターは純粋に「バター」と呼べる本物のバターです。

胡桃

胡桃は地元の水窪、山形県小国、新潟県魚沼の「鬼くるみ」を使用しています。胡桃を割って、実を出す作業は、大変ですが、中身が綺麗に出たときは最高の気分になります。洋胡桃に比べて、風味が強いのが特徴です。

きび

純水窪産のトウモロコシ。普通の食べ方では、お世辞にも美味とはいきませんが、粉にしてお菓子に加えることで、きびの旨味が最大限に生かされます。言うまでもありませんが、遺伝子組替えとは無縁ですので安心してお召し上がりいただけます。

生きるものに一番大事な水。ここ水窪は天竜川の支流が流れている、水源の町です。沢の水をそのまま使用するわけにはいきませんが、水道の蛇口をひねると、明らかに都会では味わえない旨い水が出てきます。年を重ねるごとに、このありがたみを感じます。

以上が主な小松屋製菓のこだわり素材です。

どんなにいい素材も使い手によって良し悪しが決まってしまいます。私も素材を泣かす事のないように、これからも安心、安全なお菓子を作ります。

 

Facebook(水窪Likers)

Twitter(水窪Likers)